弊社の「パワーセーブ・エコミノール」(太陽光全量自家消費システム)が、令和2年度「北国の省エネ・新エネ大賞」(北海道経済産業局長表彰)を受賞しました。2021.01.26

 シオン電機が「北国の省エネ・新エネ大賞」を受賞するのは、平成25年に開発・製造部門にて受賞して以来、2度目になります。
 1度目の平成25年度の受賞では、「複数の自然エネルギーの高効率システム装置の考案と実証」として、直流による自然エネルギー(太陽光発電)の優先的高効率自家消費利用を実現し、直流負荷において60%の自給率を達成しています。
 今回の受賞となった「パワーセーブ・エコミノール」は、逆潮流させないタイプの大電力用の自家消費システム(交流利用)であり、従来のシステムでは発電が制限される状況でも、使用可能な範囲で最大の電力を供給します。本年4月、斜里の製材工場に導入し、その成果が評価されました。
 斜里の製材工場では、現在350kWのパワーセーブ・エコミノールシステムが稼働中ですが、現在さらに200kWの増設依頼を受け工事中です。また、現地には、見学者用の案内盤が設置されており、稼働中のシステムの発電状況を見たり、システムの説明を聞いたりすることができるようになっています。

受賞発表

受賞事例紹介